Tiffany & Co.'s Sustainability Strategy

Strategic Sustainability

当社のサステナビリティへの取り組みは、厳格な基準を設定し、権利擁護と戦略的慈善活動を行い、ビジネスを超えた、より広範な価値創造を生み出すという当社の信念によって支えられています。当社のサステナビリティへの取り組みには3つの重要なポイントがあります。ステークホルダーの優先事項を理解するために頻繁にエンゲージメントを図り、戦略をさらに改良するための正式な重要性分析を定期的に実施し、ガバナンスの原則と説明責任構造に関して十分に確立されたシステムを維持しています。

 

サステナビリティへの取り組みを通して、次世代の高級ジュエリー会社としての地位を高められると、私たちは信じています。そして、環境、社会、ガバナンスの取り組みを強化し、責任ある方法で事業の運営を続けることで、私たちの企業、お客様や従業員、株主、ビジネスパートナー、そしてより広範な社会に対して長期的なメリットをもたらすことができると当社は考えています。

Governance

当社は、取締役会の企業の社会的責任(CSR)委員会、ならびにCEOおよび上級管理職とともに戦略的サステナビリティ アジェンダを設定するチーフ・サステナビリティ・オフィサーによる監視を含む、強力な責任制度を通して、サステナビリティを会社全体に統合しています。また、倫理的行動、政治献金、ロビー活動に関するポリシーなど、業務活動の指針となるポリシーと慣行を採用しています。

 

ティファニーの内部監査部門は、その部門長が取締役会の監査委員会に報告を行うことで、独立した客観的な保証及び管理に関して会社に対する顧問となり、リスク管理、対策、およびガバナンスのプロセスの有効性を評価しています。

 

当社は従業員が倫理的な方法で業務を遂行できるようにするためのトレーニング プログラムを設けています。また、説明責任を確保するため、上記の取締役会レベルの監督に加えて、グローバルな報告メカニズム、およびティファニーの法務部門内に専任のグローバル コンプライアンス及び、プライバシー チームを設置しています。 

Tiffany & Co. Corporate Social Responsibility
Tiffany & Co. Partners in Sustainability

Stakeholder Engagement

当社は従業員、株主、NGO、業界メンバー、サプライチェーンパートナー、消費者を含む多様なグループの意見を歓迎し、ジュエリーセクター全体に当社の慣行を知らせるとともに、改善点を特定できるようにしています。当社は長年にわたり、業界に影響を与える環境及び、労働問題の理解を深めるための優れた洞察力を持った、多くの組織と強力な関係を築いてきました。ステークホルダーとのエンゲージメントを図るために戦略的アプローチを取り、当社に異議を唱えるものも含め、さまざまな組織と協力することに尽力しています。これは当社の事業にメリットをもたらし、ジュエリー業界とサプライチェーンのパートナーにプラスの影響を与えると考えています。

Sustainability Materiality

当社はサステナビリティの重要性分析を定期的に実施し、環境的および社会的に責任ある方法で事業を運営するための戦略的アプローチを向上しています。この査定はおよそ5年に1回の頻度で実施しています。最近では2018年に3回目の重要性分析を実施し、その間に600を超える社内外のステークホルダー エンゲージメントを行いました。この分析の結果を会社全体を通して統合し、プラスの変化を最大限にする能力を高めるよう努力しています。

Environmentally and Socially Responsible Tiffany & Co.
Tiffany & Co. Sustainability Priorities

Sustainability Priorities

当社の2018年度の重要性分析の結果は、次の項目を重点領域として挙げています。トレーサビリティ、透明性、サプライチェーンにおける人権と労働慣行、多様性と包容性、生物多様性と生態系。その他の主な項目は、エネルギーと気候、生活保障賃金と当社事業における現地雇用、慈善活動、求人、能力開発と定着、及び当社のサプライチェーンにおける環境に関する話題(土地管理、廃棄物とリサイクル、水管理)などです。これらの結果に基づき、材料の選択や責任ある調達から、企業運営、製造、小売に至るまで、当社のサステナビリティ戦略を改良し、事業全体を通してさらなるサステナビリティに取り組み続けています。今後も進捗についての透明性を維持し、最新情報を提供していきます。 

Forward-Looking Statement

ティファニーのウェブサイト、Tiffany.com/Sustainabilityで引用されている文書やレポートを含むティファニーのサステナビリティ レポートには、企業責任、サステナビリティ、従業員、環境問題、ポリシー、調達、及びビジネス上のリスクと機会に関するティファニーの目標、計画、予測に関する特定の「将来の見通しに関する記述」が含まれています。またティファニーは、サステナビリティの目的と予想に関する将来の見通しについて別途の報告書も作成しています。これらの将来の見通しに関する記述は、「信じる」、「意図する」、「計画する」、「努力する」、「求める」、「尽力する」、「約束する」、「期待する」などの言葉や同様の意味を持つ用語、ならびに将来のサステナビリティ イニシアチブと目的の議論に関連する表現の使用によって識別することができます。また、過去または現在の事実に厳密に関連づけるのではなく、将来の見通しに関する記述を見極めることもできます。このような将来の見通しに関する記述は、ティファニーの現在の計画に基づいており、内在する不確実性と仮定を含んでいます。そのため、実際の結果は現在の計画または報告された計画と大きく異なる場合があります。ティファニーの将来の見通しに関する記述と目標は、目標達成を保証あるいは約束するものではありません。ティファニーのサステナビリティレポートに含まれる統計と指標は、推定値として報告されている場合や、仮定または作成中の基準に基づいている場合があります。外部サプライヤーに対する基準と行動規範は、サプライヤーが常に規範に従うことを保証するものではありません。サプライヤーはティファニーの基準と期待を満たす第一義的な責任を負っています。実際の結果は、将来の見通しに関する記述と大きく異なる場合があります。

Tiffany & Co. Sustainability Reports
Tiffany & Co. Sustainability Goals

ティファニーは計画と仮定を慎重に行っていますが、将来の見通しに関する記述に記載されているサステナビリティの目標または計画が達成できる、または達成されることを保証することはできず、読者はそのような記述に過度に依存しないようにご注意ください。ティファニーは、新しい情報、将来の出来事、サステナビリティの目標と期待の変更などに基づいて、サステナビリティ レポートおよび開示の将来予測情報を更新する義務を負いません。