The 4Cs of Diamonds

4C

一つひとつのダイヤモンドは、人間の指紋のようにそれぞれ識別可能な特徴を有しています。カラー、クラリティ、カット、カラットから構成される「4C」は、世界的に認められているダイヤモンドの測定基準です。ティファニーでは、世界の宝石品質のダイヤモンドの0.04%しか受け入れておりません。

カット

「カット」は、ダイヤモンドのファセットがどのように光と反応し合うかによって判断されます。

カラー

「カラー」とは、ホワイト ダイヤモンドの自然な色合いを指します。

クラリティ

「クラリティ」とは、ストーンの純度と稀少性を測定するものです。

カラット

「カラット」とは、ダイヤモンドの重さを表します。

ダイヤモンド トレーサビリティのリーダー

卓越したクラフトマンシップとは、自然界に敬意を払い、責任ある資源調達によって最高品質の原材料を入手することから始まり、美しく輝くジュエリーが完成するまでの全工程で継続されるものであると、ティファニーは考えます。ティファニーのエンゲージメント リングに選ばれるダイヤモンドは、その原石が採掘された瞬間から、熟練の職人の手を片時も離れることなく丁重に扱われ、彼らの情熱と精巧な技術によって鮮やかな輝きを放つ宝石へと昇華します。ティファニーの名にふさわしいと、見いだされたダイヤモンドの原石は、ダイヤモンドカットのエキスパートと熟練した職人たちの元へと届けられます。ティファニーは最新鋭の自社工房で1,500人以上のカットおよび研磨の専門職人を雇い、驚くほどの美しさを有する原材料を提供してくれる現地の環境や人々に敬意を払った調達活動に励んでいます。キンバリー・プロセス以外にも、当社は独自の流通管理を通じて、より厳格な世界基準を提唱することによって、人権保護と環境保全の実現を確実にします。