×

オンライン ショッピング

×
×

保存済み商品に商品が追加されました。 商品がショッピングバッグに追加されました。


Back to Top Back to Top

ティファニー ダイヤモンドの道のり

原石が掘り起こされた瞬間から大切に扱われる、厳選されたティファニーのダイヤモンドは、職人たちが、原石を洗練された美しい宝石へと変えるまで、職人たちの手を離れることはありません。 ダイヤモンドのカットと研磨は、最新の設備を備えたティファニーの工房で行われます。 この驚くべき美を生み出す工房そして職人は、ティファニーにとってかけがえのない大切な財産です。

ビデオを見る
STEP ONE

ダイヤモンドの調達

ジュエリーのインスピレーションの源となる自然界。これを保護することは、 ティファニーの企業文化の根幹をなす責務です。ティファニーは、倫理的な ダイヤモンドの調達に関する世界的な基準の確立を提唱してきました。 一般的なジュエラーとは異なり、ティファニーではダイヤモンドや貴金属を 資源元から直接調達しています。なぜなら、環境的かつ社会的に責任ある方法で鉱山を運営するにはトレーサビリティが重要であると考えているからです。

ジュエリーのインスピレーションの源となる自然界。これを保護することは、 ティファニーの企業文化の根幹をなす責務です。ティファニーは、倫理的な ダイヤモンドの調達に関する世界的な基準の確立をリードし貢献してきました。 一般的なジュエラーとは異なり、ティファニーではダイヤモンドや貴金属を 調達する鉱山を慎重に選び、直接的な調達関係を構築しています。 なぜなら、環境的かつ社会的に責任ある方法で鉱山を運営するには トレーサビリティが重要であると考えているからです。


ティファニーでは長年にわたって、イエローストーン国立公園やアラスカ州のブリストル湾といった、 決して採掘してはならない、生態学的または文化的価値の極めて高い場所での鉱山の新規開発に 対して、積極的に異議を唱えてきました。

STEP TWO

カットを施す

ティファニーのダイヤモンドとしてふさわしいと判定された原石は、ティファニーのダイヤモンド カッティング工房に直送されます。この工房で、優れた魅力的なダイヤモンドを生み出すための具体的な立体プランに 基づいて、ティファニーのカット師が原石に宝石としての形を与えるのです。

99.96%
宝石品質のダイヤモンドの99.96%は、 厳格なティファニー基準を満たすことができません。

ダイヤモンドの美しさを決定付ける最も大切な要素は、カットの精密さです。 ですから、職人たちの高い技巧や精緻な作業、芸術性が不可欠なのです。ティファニーでカッティングや研磨を担当する職人たちの多くが、数十年におよぶ経験をカット技術に取り込んでいます。


ティファニーのダイヤモンドは、最も小さいメレーから最大のソリティアまで、 美しさ、ファイヤー(虹色の輝き)、ブリリアンス(白い輝き)、 そしてシンチレーション(強いきらめき)を最大限に引き出した 絶妙なプロポーションに仕上げられています。 ティファニーのカット師は、クラフトマンであるとともに、真のアーティストとも言えます。

STEP THREE

研磨

カットが終わったダイヤモンドは、最新設備を備えたティファニーの工房の一つである、研磨専門工房へと送られます。ティファニーの工房は、厳格なトレーニングプログラムを採用しており、地域コミュニティに、仕事の場を生み出す役割を果たします。


ティファニーでは、自信を持って現地の人々を職人として雇用し、作業者の技能と経営スキルを高めるため、さらには事業を展開する地域の経済的ポテンシャルを発展させるための投資を行っています。

94%
ティファニーがボツワナならびにナミビアの工房で 雇用する研磨師の94%が、現地の住民です。

この段階では、研磨師が、ダイヤモンド結晶を塗布した研磨機を使って、艶やかで対称性(シンメトリー)を持ち内側から独自の美しさ、ファイヤー(虹色の輝き)、ブリリアンス(白い輝き)、 そしてシンチレーション(強いきらめき)を最大限に引き出した 絶妙なプロポーションに仕上げられています。 。それぞれの面が徹底的に検査される作業が終わると、ティファニーダイヤモンドは、審査を待つこととなります。

STEP FOUR

グレードの鑑定へ

ティファニー ダイヤモンドの世界ツアー、次の行く先は、鑑定が行われるニューヨークのティファニー宝石研究室 です。ここで、4Cがティファニー基準に達しているかどうかを調べる検査が行われます。測定値が ほんのわずかでも基準に達していなければ、そのダイヤモンドのポテンシャルが最高に発揮されるまで 再カットと研磨を行うべく、工房へと戻されます。

1,300 ティファニーのダイヤモンドは、採鉱から最終的な デザインに至るまでに、1,300回以上入念に調べられます。
STEP FIVE

セッティング

これで、ダイヤモンドがセッティングされる準備が整いました。ティファニーのダイヤモンドは一つ一つ違います。セッティングは、最終的にダイヤモンドの魅力を最大限に引き出すデザインとなるように、個別に手作業で作られます。


ティファニーのセッティング師が、プラチナまたは18Kのイエローゴールドやローズゴールドを使って製作する台座は、ダイヤモンドをガードルの部分で優しく固定することで、光が自由にダイヤモンドを出入りし、美しい虹色の輝きを放つことを可能にします。ダイヤモンドの美しさが発揮されるように、プロング(爪)とバスケットは一つ一つ調整します。この作業には、正確性と優美さ、そして細心の注意が要求されます。

完成したセッティングにダイヤモンドを配置する前後で、ジュエリー研磨師が、小さな磨き布を用いて表面 全体に仕上げを施し、金属がダイヤモンドに劣らぬ美しい輝きを放つようにします。この細部へのこだわり こそがティファニーのトレードマークであり、個々のダイヤモンドを芸術品として扱うティファニーの姿勢を 現しています。

生涯に渡る歓びをサポート

完成したティファニーのソリティアダイヤモンドにはそれぞれ、シリアルナンバーが与えられ、肉眼では見ることができない大きさでレーザー刻印が施されます。この世界に一つだけの銘刻は、ダイヤモンドのグレードを生涯保証するフル ライフタイム ワランティが約束されたティファニー ダイヤモンド鑑定書を有している証です。 他社のダイヤモンド鑑定書の中には、GIA(米国宝石学会)鑑定書であっても、こうした保証を伴うものではなく、鑑定書に記載されるグレード等の内容が将来の検査時に変更になる可能性があるという、免責条項も存在する場合もあります。

STEP SIX

ブルーボックスに大切に収められて

1年以上にわたり世界各地を旅し、ティファニーの幾人もの職人による確かなクラフトマンシップの技術と 入念な工程を経たティファニー ダイヤモンドは、ブルーボックスに納められる日を待つばかりとなります。


すべてのエンゲージメント リングを見る