ダイヤモンド クラリティ

ダイヤモンド クラリティ チャート

ダイヤモンドの内包物とは、内側にあるフロー(欠陥)のことです。ティファニーでは、肉眼で不完全と見なされたダイヤモンドは、すべて不合格となります。

 

FL

FLダイヤモンドはフローレスのダイヤモンドのことです

 

IF

IFダイヤモンドはインターナリー フローレス(内側がフローレスな)ダイヤモンドのことです

 

VVS1 VVS2

VVSダイヤモンド(1および2)は、ベリーベリースライトリーインクルーデッド(非常に極めて微小な内包物が見られる)ダイヤモンドのことです

 

VS1 VS2

VSダイヤモンド(1および2)は、ベリースライトリーインクルーデッド(極めて微小な内包物が見られる)ダイヤモンドのことです

 

SI1 SI2

SIダイヤモンド(1および2)は、スライトリーインクルーデッド(微小な内包物が見られる)ダイヤモンドのことです

 

I1 I2 I3

Iダイヤモンド(1、2および3)はインパーフェクト(不完全)なダイヤモンドのことです

本セクションに記載のティファニーの宝石評価基準は、特定のリング スタイルにセッティングされた、個別登録済みエンゲージメント リング ダイヤモンドのみに適用されます。

 

Tiffany & Co. Diamond Clarity Chart
Does Diamond Clarity Matter

ダイヤモンドのクラリティは本当に重要なのでしょうか? 

クラリティ グレードの低いダイヤモンドには、輝きに直接影響を及ぼす複数の内包物が見られます。内包物は光の屈折や反射を妨げてしまうため、クラリティグレードが低ければ低いほどダイヤモンドは曇って見えます。

 

「ティファニーでは、ストーンの美しさを損なってしまうものは一切受け入れません。」

 

— ハンナ・ジェー、ダイヤモンド評価者

ティファニーのクラリティ基準  

ティファニーのダイヤモンドの厳格なグレード基準は、専門知識、完全性、精度に基づいています。ダイヤモンドのクラリティが2つのグレードの境にある場合、ティファニーでは低い方のグレードとして判定し、ダイヤモンドのクラリティ グレードを上げるようなことは一切ありません。

Tiffany & Co. Standard of Clarity