1980年代の大胆でカラフルなジェムストーンのトレンドの先駆けとして、パロマが最初に手掛けた作品の多くは業界から完全に無視された状態でした。彼女が招かれたティファニーとの会議では、ティファニーの全種類のジェムストーンがテーブルに並べられ、自由に選択できるようになっていました。「本当に魅了されました。これほど際立つ、鮮やかな色彩があるなんて知りませんでした。私はあらゆるジェムストーンを駆使して作品を作り、自然が生み出してくれるものには限界がないということを知ったのです」彼女のジェムストーンへの愛情は、オリーブリーフ、パロマ・ピカソ シュガースタック、そして最新作のパロマ・ピカソ スタジオコレクションに表現されています。パロマの作品はその色使いだけではなく、デザインに込められた意味も愛されています。その多くが、お守りのような存在となっているのです。この特徴は、メンズコレクションにも顕著に現れています。