×

オンライン ショッピング

×

保存済み商品に商品が追加されました。 商品がショッピングバッグに追加されました。


< Designへ戻る The World of Tiffany

メトロポリタン美術館の永久保存コレクションとなっている、
ポピー キャピタル。かつて、580エーカーにもおよぶロングアイランドの土地に
ルイス・コンフォート・ティファニーが建てたローレルトン ホールを飾っていた

贅沢な趣向で知られた、ルイス・コンフォート・ティファニー主催の
仮装パーティーへの招待状

ステンドグラスの世界に革命をもたらしたルイス・コンフォート・ティファニー。
彼は1893年のシカゴ万国博覧会のためにこのウィンドウを製作した

ティファニーの創業者チャールズ・ルイス・ティファニーの
息子であり、ジュエリーとガラス工芸の高名なデザイナーとして活躍した
ルイス・コンフォート・ティファニー

Louis Comfort Tiffany

「美とは、自然が私たちに惜しみなく
注いでいる極上の贈り物だ。」

創業者であるチャールズ・ルイス・ティファニーの息子、
ルイス・コンフォート・ティファニーは、独自の道を歩むことで成功を
おさめ、きらめきあふれるデザインで世界中を虜にしました。
ティファニー初のデザイン ディレクターに就任した1902年当時、
彼はニューヨーク5番街の本店内にアート ジュエリー部門を
設立し、そこで彼独自のジュエリーや装飾品の製作を行いました。

ルイス・コンフォート・ティファニーは、アール・デコ建築に
インスパイアされたジュエリーの制作を開始したのは
1920年代のことです。彼は、自らが生み出した壮麗な
ジュエリーだけでなく、ステンドグラスのランプや窓のデザインで
才能を発揮したことでも広く知られており、現在も、美術館、
銀行、病院、ホテルのロビーなど多くの場所に色鮮やかな光を
もたらしています。


ビデオを見る

ルイス・コンフォート・ティファニーは、主にガラス、宝石、
およびエナメルを用いて、自然や異文化のアートを称える
作品の数々を創作した。古代エジプトやインドのデザインから着想を
得たトンボや果実といったモチーフを、きらびやかに
宝石で飾ることで、彼独特の魅惑的な美の世界を築いている。

ファヴリル ガラスの
パフューム フラスク
ルイス・コンフォート・ティファニーが
開発したティファニー ファヴリルガラス。
玉虫色に輝く手吹きガラスの、
このうえなく美しい作品です。
ブラック オパール
ネックレス
インドのデザインに着想を得た
ネックレスを飾るのは、ブラック
オパール、ダイヤモンド、
エメラルド、そしてサファイヤ。
ドラゴンフライ
ブローチ
1904年に製作されたこのブローチを
はじめ、20世紀初頭にかけて人気を
博したドラゴンフライ。
オパール アンド
ゴールド ブレスレット
多彩な大きさの石の万華鏡のようなきらめきが、
優雅に流れる光の川から立ち昇ります。
バタフライ ブローチ 「プリカジュール」技法を用いた、まるで
本物のような羽根。ステンドグラスを
思わせる光沢をたたえます。